Jacob Collier(ジェイコブ・コリアー)がスゴい。インタビューを要約・考察してみる

はじめに

今、ジャズ界隈を賑わせているJacob Collier(ジェイコブ・コリアー)という若きミュージシャンをご存知だろうか。

2017年のグラミー賞で2部門を受賞。アカペラと楽器の多重録音で音楽を作り上げる「宅録」のスタイルで音楽を生み出している。ジャズをベースにしていながら、その音楽性は非常に革新的なものだ。

未聴の方は、スティーヴィー・ワンダーの「Don't You Worry 'bout a Thing」のカバーを聴いてみてほしい。彼の凄さが分かってもらえるはずだ。

彼は多くの楽器を自在に操り、歌も上手く、高度な音楽理論(ジャズ理論)にも精通しているというスーパーマンだ。海外だけではなく、日本のプロミュージシャンからも高く評価されている。

今回は彼の音楽を解析しているJune Lee氏が、Jacob本人にインタビューをした動画について、僕が気になった箇所の要約を記事にしてみる(日本語の翻訳が無かったので)。意訳が多く含まれることに注意しつつ、元の動画を理解する補助として活用して欲しい。

ピュア・イマジネーション ~ヒット・カヴァーズ・コレクション~

1. リディアン・スケールの連結

インタビュー動画の1つ目の冒頭で語られているのが「Super-Ultra-Hyper-Mega-Meta Lydian」というもの(動画0:02~)。これは、彼がインプロビゼーション(アドリブ)のときに使用している独自のスケールだ(名前は造語だと思われる)。

これは「Cリディアン→Gリディアン→Dリディアン→…」という風に、リディアンスケールを連続してつなぎ合わせたものとなっている。Jacobの発言をまとめてみる。

五度圏(Circle of Fifth)について

f:id:singingreed:20171006180214j:plain

  • 五度圏が音楽を作っている
  • 五度圏の時計回り(C→G→D→A…)は明るくなっていく、逆は暗くなっていく
  • 変格終止(アーメン終止・IV→I)は安心できる感じがする。「そのキーを抱くような」感じ
  • 完全終止(V→I)はそのキーに到達する感じがする

Super-Ultra-Hyper-Mega-Meta Lydianとは?

  • スケールと呼んでいいかは分からない
  • スケールを上がっていくときも、ルートのところで「止まる感じ」にならないのが良い
  • リディアンが最も心地よく感じる
  • 「最も良い明るさ」を持つサウンドだと思う

逆回りのスケールについて

  • (逆回りのスケールだと)五度圏の「暗い方」で音階自体が包まれている感じになる
  • 「F→Bb→Eb→Ab」(←コード)というケーデンスも同様の印象になる

「Super-Ultra-Hyper-Mega-Meta Lydian」は、五度圏をリディアンで時計回りに進むことで得られたスケールだった。では、この逆のスケールだとどうなるのか?「CDEF、GABbC、DEbFG、…」のように、メジャースケール等の最初の4音を、どんどんつなぎ合わせていくようなスケールになる。

しかし、Jacobはこのスケールについては「これだと五度圏の『暗い方』で音階が包まれる感じになる」と語っている。あくまでリディアン推しのようだ。

2. ボイシング(和音の積み方)について

次はJacobの和音に関する考え方をひも解いて行く(動画3:27~)。

要約

  • 「全てのメジャーコードは5度で組み立てられ、全てのマイナーコードは4度で組み立てられる」という独自の理論を持っている
  • Cm7(9,11,13)のコードはむしろメジャーコードのように感じる
  • むしろ完全四度で積んだコードのほうがマイナーコードっぽい
  • 短9度の音程ができる和音も、普通に使う

マイナーコードはマイナーっぽく感じない?

f:id:singingreed:20171006190026j:plain

「C Bb D Eb F A D ※Cm7(9,11,13)」というボイシングのコードについては、「マイナーコード以上にメジャーコードのように感じられる」と語っている。「Ebメジャーの平行調みたいだから」という理由だ。

四度堆積和音について

さっきの和音よりも、もっとマイナーっぽいコードとしてJacobが挙げたのが、「C F Bb Eb Ab Db」というボイシングのコード。

f:id:singingreed:20171006181924j:plain

四度で堆積されている和音なので、コードネームを付けるのが難しいが、むりやり表すならば、Cm7-9,11,-13といったところか。Ab6(9,11)の転回形という解釈もできるかもしれない。いずれにせよ、ルートであるCとDbが短9度の音程を形成しているため、一般的には不協和音ということになる。

インタビュアーのJuneが「Jacobの短9度の使い方って、他のあらゆるミュージシャンとは違っているよね」とすかさずツッコミ。これを受けてJacobは別のコードを挙げる。

f:id:singingreed:20171006182039j:plain

「A E B D G C」というボイシングで、コード表記ではAm7(9,11)となる。コード的には普通のテンション入りのマイナー7thコードなのだが、短9度の音程を含むボイシングになっていることに注目(B‐C間)。これは不協和音だ。

しかし、この響きについてJacobは次のように語っている。

  • 特徴的な響きで、ぼーっとしちゃう
  • もっと「欲しい」ときにはエモーショナルな選択だよ

短9度という音程は、最も不自然な響きがしてしまう音程だ。そのためドミナント7thのコードでオルタード・テンションとして使うとき以外、基本的には使えない。しかしJacobはそういった既成の理論を超えたところでハーモニーを感じ取っているのかもしれない。

3. 微分音を用いたボイス・リーディング

動画の10:12~では、「赤鼻のトナカイ」という有名なクリスマスソングを挙げて、微分音を使ったフレージングについて解説している。

GからEへと進む際、その音程は半音3つ分。本来G→F#→F→Eと進むのが普通だが、それを4つに分け、「3/4半音」ずつ下降していくかのようなフレーズを歌っている。「5つに分けても良いよ」とまで言っている。

IN MY ROOM

4. 倍音列に合わせたチューニング

ここからは、インタビュー動画のPart 2について触れていく。興味深いのが、チューニングについて語るシーンだ(動画5:35~)。

要約

  • 平均律のチューニングは、ジャズの和音を成立させるためには欠かせない。基本的にはありがたい、良いもの
  • しかし、「純正律でチューニングしたほうがコードの響きは良くなる」ことに気づいた(倍音列の関係)
  • それ以来、「全ての長三度を低くし、短三度を高く」設定するようになった
  • C6(9)など、純正律じゃ成立しないコードもある

純正律について

楽器や人の声などを含む、自然界の音には倍音が含まれる。倍音を第1倍音、第2倍音、第3倍音……と順に並べたものを倍音列という。

この倍音列に従ったチューニングが純正律だ。自然な倍音列に即したチューニングなので、より美しい響きがすると言われている。

倍音列に存在する長3度の音は、平均律と比較して約14セントも低い。半音が100セントなので、これは比較的大きなズレだと言えるだろう。

※参考:倍音 - Wikipedia

声を重ねてハーモニーを作ることが多いJacobが、純正律の響きに興味をもつのは必然かもしれない。

Jacob独自のハーモニーの探求

倍音列に従って音程を考えると、短7度(7th)の音は、平均律と比べて31セントも低くなる。

この7thの音をルートとして扱うと、当然コード全体の音が31セント低くなる。そこでJacobは、チューニング基準をA=442Hz→A=432Hzに下げたらしい(動画7:30~)。

同じ曲で異なるチューニングを混在させるのは、スリルがあってとても面白いと語っている。なかなか常人にはたどり着けない発想である。

5. グルーヴについて

動画10:58~では、グルーヴに関する彼の考えを聞くことができる。

要約

  • 「全ての半音が等間隔に存在するのが、あまり心地よくない」のと同じように、全ての拍や音符が同じサイズになるのは窮屈だと考えている
  • クオンタイズの利便性そのものは、素晴らしいものだと考えている
  • Jacobにとってエキサイティングなグルーヴとは、必ずしもストレートなリズムではない
  • 2つの拍があった場合、「3:2」や「4:3」のように解釈すると面白い

Jacobのグルーヴへの見解

Jacobはエキサイティングなリズムの例として、サンバや、モロッコの伝統音楽「グワナ」を挙げている。Jacobによると、そういった音楽では3つの音符が「4:2:3」という割合の長さで鳴っているそうだ(動画の12:14~)。そして、これこそまさに彼が自分の部屋で追求していたグルーヴそのものらしい。

グルーヴは、ハーモニー的な要素等とは別のベクトルに、音楽的な推進力を付加してくれると彼は語っている。

2つの拍の割合について

Jacobがカバーした「Close to You」の話題が挙がると、彼は拍の長さについてユニークな考えを話してくれる。

「2つの拍がある場合、前の方を長く取ることで、みんな興奮する」という現象があるそうだ。Jaobもその現象について理論的に解明しようとしていたそうだが、彼の出した結論は次の通り。

  • ビートを5つに分けて「3:2」と解釈する
  • ビートを7つに分けて「4:3」と解釈する

こういった解釈を行っているそうだ(動画の13:25~)。「いい感じに聴こえるかどうかが根本的には大事」とも語っている。

おわりに

Jacob Collierは、その天性の才能ばかりに目が行ってしまうが、インタビューを聞くと、理論的な側面にも精通していることが分かり、勉強熱心な努力家という一面も見て取れる。これからの活躍も楽しみだ。

なお、Negative Harmonyについては、少なくとも動画を見る限りではJacobが強く主張している理念かどうかは分からなかったので省略する(Jacob自身、Negative Harmonyの理論には非常に詳しいようだが)。

A Theory of Harmony (Suny Series in Cultural Perspectives)

広告を非表示にする