【FF名曲】ファイナルファンタジーの音楽でオススメの50曲を紹介する

日本を代表するRPGファイナルファンタジー(FF)。FFシリーズはゲーム中のBGMの人気も高い。そこで今回は、FF1~FF15の中で、優れた音楽を50曲厳選した。

※オンラインゲームのFF11FF14は除外

個人的な好みも大いに含まれるが、FFシリーズの音楽を探すための参考にして欲しい。なお、ストーリーのネタバレとなるような記述は極力避けている。

※曲のタイトルをクリックすると、YouTubeが開きます。

FF1

プレリュード

ファイナルファンタジーと言えばこの曲。流れるようなコードトーンのアルペジオで構成されているのが特徴。

オープニング・テーマ

初期のFFシリーズではよく流れていたテーマ曲。最近のFFでも、しばしエンディング中などに流れることもある。

FF2

チョコボのテーマ

チョコボ初登場!シリーズを通して使われている、FFでも有名な一曲。

FF3

悠久の風

FF3のフィールド曲。勇壮さや冒険への期待感を感じさせる、RPGらしい曲調だ。FF3を代表する一曲だろう。

FF4

バトル2

ボス戦で流れる戦闘曲。緊迫感や勇壮さを感じさせる、RPGらしい一曲だ。

某有名ゲームキャラRPGの、ゲーム中に出てくるFFパロディでも、やはりこの曲が戦闘曲として使われていた。

FFの戦闘曲では最も有名な曲のひとつだろう。

少女リディア

のどかで美しく、優しい旋律が印象的。FF4でも有数の名曲だ。

FF5

ビッグブリッヂの死闘

FFシリーズの音楽でも有名な一曲。イントロのオルガンのsus4的な高速アルペジオが最高にかっこいい。

FF6

決戦

ボス戦で流れる、緊張感と疾走感のある一曲。The Black Magesでもカバーされている。

The Black Magesスクウェア社員で結成した、FFの曲をHR/HMアレンジして演奏するバンドのこと。CDもリリースしている。

妖星乱舞

プログレッシブ・ロック的な展開がすごい、FFでも一番の大曲だ。4つの楽章に分かれており、曲の長さは17分にも及ぶ。変拍子が出てくる11分過ぎのところから、非常にカッコイイ。

The Black Magesでもカバーされている。

THE BLACK MAGES/黒魔導士

FF7

更に闘う者たち

3連系リズムのロック曲。Deep Purpleを思わせるようなハモンドオルガンがカッコイイ。

The Black Magesでもカバーされているが、そちらもクオリティが高いのでオススメだ。

エアリスのテーマ

シンプルかつ印象的な一曲。ピアノの旋律が優美さや寂しさを感じさせる。キャラクター固有のテーマ曲としては、最も有名な曲のひとつだろう。

J-E-N-O-V-A

ジェノバのイメージによく合った、疾走感と緊迫感のある印象的な曲。The Black Magesでもカバーされている。

片翼の天使

色々とネタにされることも多いが、当時では珍しいボイスサンプリングを取り入れたりと、革新的な曲。

なお、映像作品「FF7AC」では、「再臨:片翼の天使~Advent:One-Winged Angel~」というアレンジバージョンが流れる。こちらは本格的なオーケストラに加え、The Black Mages的なHR/HM系のギターが取り入れられたサウンドになっており、非常に豪華な曲になっている。こちらもオススメだ。

FINAL FANTASY VII Original Soundtrack

FF8

FF8の音楽は、シリーズでも屈指の完成度を誇ると僕は感じている。作品全体を覆うややダークな雰囲気が、音楽でも上手く表現されている。

Balam Garden

バラムガーデンで流れる曲。シンプルで安心感がありつつも、独特の雰囲気を持った一曲。
音楽理論的には、リディアン・スケールが使われているのがポイント。これにより独特の不思議な雰囲気が生まれている。バラムガーデンの雰囲気にマッチしたサウンドと言えるだろう。

Breezy

バラムで流れる。ガットギターのシンプルな曲だ。ゆったりとしたアルペジオがのどかで心地よい。

この曲の良いところは、実際に本物のギターで演奏できるような音使いがされているところだ。ギターを想定して曲が作られているあたりに、植松氏のこだわりを感じる。ずっとアルペジオ奏法なので耳コピもしやすい。ギターが弾ける人はぜひ演奏してみよう。

The man with the Machine Gun

戦闘曲のうちの一つだ。4つ打ちのリズムに乗せたシンセのリフが印象的な、テクノ風楽曲。疾走感がありクールな一曲。

The Black Magesでもカバーされている。

Fisherman's Horizon

フィッシャーマンズ・ホライズンという街で流れる曲。FFシリーズでも屈指の名曲だろう。ずっと聴いていたくなる、美しく牧歌的な一曲だ。印象的なメロディラインに凝ったコード進行は、まさに植松節といったところか。

Julia

FF8の主題歌である「Eyes On Me」のピアノアレンジバージョンだ。曲が流れるシーンとそのストーリーの背景がとても感動的なので、個人的にはこちらを推したい。

Ride on

飛空艇で流れる曲。イントロの木管のハモりが小気味良い、明るい曲だ。

FINAL FANTASY VIII Original Soundtrack

FF9

いつか帰るところ

タイトル画面で流れるリコーダーの曲。リコーダー数本のシンプルな編成にもかかわらず、非常に印象的な一曲だ。植松氏の作曲能力の偉大さを思い知らされる。

Vamo' Alla Flamenco

6/8拍子のフラメンコ曲。ポップにデフォルメされたメロディと曲調が、FF9のキャラのイメージとよく合っている。

ハンターチャンス

ゲーム中のあるイベント時期にしか流れないが、緊迫感と勇壮さを持つ、非常に印象に残る一曲。

The Black Magesでもカバーされている。

ローズ・オブ・メイ

6/8拍子のリズムで、流麗な旋律が印象的なピアノ曲。美しいメロディの中にも、哀愁や気高さのようなものが感じられるのが特徴的だ。ベアトリクスの登場シーンでよく流れる。彼女のキャラクター性がよく表現された一曲だ。

FF9屈指の名曲といっても過言ではないだろう。

Melodies of Life

エンディングテーマとなっているボーカル曲。90年代風アレンジの王道バラード曲だ。ストーリーとも相まって、非常に感動的な一曲となっている。

FINAL FANTASY IX Original Soundtrack

FF10

ザナルカンドにて

タイトル画面で流れる曲。FF10という作品を象徴するような、とても印象的なピアノ曲。FFシリーズ屈指の名曲だろう。

浄罪の路

切なくダークな旋律が印象的なピアノ曲

いつか終わる夢

とある遺跡で流れる曲。FF10主題歌である「素敵だね」のアレンジバージョンとなっている。シンセのノイズを使ったSEがファンタジックで印象的だ。

???バトル

曲タイトルがストーリーのネタバレなので伏せている(そのためサントラ発売前に一部で批判されていた)。4つ打ち+シンセサウンドという、テクノっぽい一曲。オルガンのアルペジオが植松氏っぽさを感じさせる。

The Black Magesでもカバーされている。

FINAL FANTASY X Original Soundtrack

FF10-2

久遠~光と波の記憶~

流麗なピアノのアルペジオが心地よい一曲だ。美しく幻想的な曲調になっている。

FF12

安息の時

美しいハープのアルペジオとフルート、ストリングスが中心の幻想的な一曲。FF12でも有数の名曲だろう。

パンネロのテーマ

木管楽器とストリングスが中心の、朗らかで透明感のある一曲。キャラクターの雰囲気によく似合っている。

ファイナルファンタジーXII オリジナル・サウンドトラック

FF13

発売前の期待が大きかった分、ゲーム内容には賛否両論あるが、音楽ではとにかく高い評価を得ているのがFF13。「閃光」はFFシリーズを通しても屈指の名曲だ。

ブレイズエッジ

ボス戦で流れる曲。雄大なストリングスや管楽器が印象的なオーケストラ曲。緊迫感と躍動感を持った、美しい一曲だ。

閃光

通常戦闘曲。FF13でも抜群の人気を誇る一曲だ。疾走感あふれるリズムの上で、壮大で迫力のあるオーケストラやエッジのあるディストーションギターが躍動する。サビのバイオリンのメロディが非常にキャッチーで印象的。FFシリーズでも屈指の名曲だろう。

サンレス水郷

「サンレス水郷」という地域で流れる曲。一昔前に流行した、キラキラしたハウス風の曲調だ。2コーラス目から女性ボーカルが入ってくる。

ちなみに、サウンドが特徴的なので気づきにくいかもしれないが、「FINAL FANTASY XIII ~誓い~」(タイトル画面の曲)のアレンジバージョンとなっている。

パルスdeチョコボ

昨今のチョコボ曲のアレンジでは、個人的に断トツでお気に入りの一曲。軽快なブラスが印象的なファンク系のアレンジになっている。4リズム(ドラム、ギター、ベース、ピアノ)のグルーヴも素晴らしい。

生演奏で、非常に躍動感あふれる一曲となっている。

ヴァニラのテーマ

優しいピアノの演奏が心地よい一曲。

ヤシャス山

「ヤシャス山」という地域で流れる曲。ボサノバ風のアレンジで、ガットギターの演奏が気持ち良い一曲。

ファイナルファンタジーXIII オリジナル・サウンドトラック

FF13-2

ゲームとしては賛否両論あるFF13-2だが、音楽はFFシリーズでも一二を争うクオリティだと僕は感じている。前作の音楽で高い評価を得た浜渦氏を含め、3人の作曲家が分担して音楽を手掛けている。

FINAL FANTASY XIII-2~願い~

タイトル画面で流れる曲。美しさと悲愴感を併せ持った、作品の世界観に非常にマッチした名曲。これぞ浜渦節!と言わんばかりの一曲。ドラマチックなコード進行の上で鳴るピアノとストリングスのサウンドが印象的。

作曲は浜渦正志氏。

女神の騎士

FF13-2を代表する名曲だろう。ホルンやバイオリンの音色が、前作の名曲「閃光」を連想させる。

ハーフテンポになるところから、溜めて溜めて溜めて、サビ頭でバイオリンのフレーズが炸裂する展開。その瞬間、最高のカタルシスを感じることができるだろう。

こちらも作曲は浜渦氏だ。

疾走

荒野を思わせるような、乾いたロックサウンドの一曲だ。バイオリンのメロディと、間奏のギターのアルペジオが印象的。主旋律は「ノエルのテーマ」と同じものなので、同曲のアレンジバージョンでもある。

作曲は水田直志氏。

ネオ・ボーダム

浮遊感のあるサウンドが心地いい、近未来的な雰囲気の一曲。

透明感のあるシンセの音色に、アコースティックギターストロークや女性ボーカル(ORIGA氏)が乗り、オーガニックな雰囲気が出ている。歌もインストの一部という感じになっており、主張しすぎず耳馴染みが良い。

ネオ・ボーダムという街を上手く表現した一曲だ。作曲は鈴木光人氏。

ヒストリアクロス

「ヒストリアクロス」の画面で流れる曲だ。部分的に女性ボーカル(ORIGA氏)が入っている。

5/4拍子、6/8(6/4かも?)拍子が切り替わるトリッキーさを持ちつつも、安定感のある心地よいサウンドが楽しめる。浮遊感のあるシンセサイザーとストリングスの調和が絶妙だ。

後半から展開が変わるので、最後まで聴くことをオススメする(ゲーム中では長く聴く機会が少ないのが惜しいところ)。非常にクオリティの高い一曲。

こちらも作曲は鈴木氏が手掛けている。

FINAL FANTASY XIII-2 オリジナル・サウンドトラック

LRFF13ライトニングリターンズ

こちらも前作に続き、浜渦・鈴木・水田氏の3名が音楽を担当している。BGM然とした曲が多くなった印象だが、相変わらずクオリティは高い。

箱舟

アンビエントな雰囲気の、美しさと不思議さを持つ一曲だ。女性のクワイアコーラスや、シンセとピアノの旋律が印象的。

作曲は鈴木氏が手掛けている。

光都ルクセリオ

ライトニングが最初に訪れる街で流れる曲。ストリングスの刻みにピアノや木管楽器の旋律が印象的。美しくも、不思議な調性を持った一曲だ。

作曲は浜渦氏。

魂の解放者

戦闘時に流れる曲の一つ。4つ打ちのリズムに乗せたギターやバイオリンの旋律がカッコイイ。ギターソロではテクニカルなスウィープ的フレーズが聴ける。

作曲は水田氏。

LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII オリジナル・サウンドトラック

FF15

FF15の音楽は劇伴に徹している感じも強く、メロディの主張が強いものは少ないが、どの曲も総じてクオリティは高い。特に戦闘曲はオーケストラに歌も入っていたりと、派手で豪華な曲が多い。

レスタルム

最序盤で訪れる、レスタルムという街で流れる曲。ガットギターとパーカッションのシンプルな編成。明るく楽しげな雰囲気の一曲。

Veiled in Black

戦闘時に流れる曲だ。緊迫感があってスリリングでカッコイイ。FF15らしい一曲。

APOCALYPSIS NOCTIS

エピックなオーケストラサウンドの、勇壮な一曲だ。FF15を象徴する曲だろう。

カエム

アコースティックギターアルペジオやピアノの音色が印象的。アンプラグドなアレンジが、のどかな雰囲気を出している。

Somnus

FF15のテーマ曲的な位置づけ。ストーリー中の佳境でも流れる。

FINAL FANTASY XV Original Soundtrack

おわりに

音楽と人の記憶は密接に関わっている。ゲームをプレイするときは、ぜひ音楽も心に刻みつけよう。そうすればゲームをプレイした思い出は、より一層豊かなものとなるはずだ。

広告を非表示にする