読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【DTM】作曲家が知っておきたい、制作環境へのお金のかけ方

f:id:singingreed:20161110225856j:plain

音楽制作には、とにかくお金がかかる。

作曲をするだけならおもちゃのピアノでも問題はない。しかし、現代の作曲家は、「音源」という形で曲の提示が求められるケースがほとんどだ。必然的に、「打ち込み」「レコーディング」「ミキシング」などの作業も行う必要がある。

そのために必要な機材やソフトは多い。パソコン、スピーカー、オーディオインターフェイスDAWソフト、ソフトシンセ、プラグインエフェクト、マイク、楽器。品質の高いものは、どれも数万~数十万円という値段がする。

プロの作曲家は、これらのアイテムに多くのお金をつぎ込んでいることが多い。なぜなら機材環境のクオリティは、音源のクオリティに直結するからだ。

闇雲に買っていたのではお金がいくらあっても足りない。また、初心者の方はどれから買っていいのかわからないことも多いはず。

そこで、今まで実際に何百万とつぎ込んできた僕自身の経験をもとに、効率の良いお金のかけ方について記事にまとめていこうと思う。

お金をかける前に知っておきたい、予備知識

ソフトやデジタル機材は、10年後は価値が下がる

ソフトやデジタル機材の進化は日進月歩。音楽機材も、デジタルものは時が経てば価値が下がってしまう。

例:10年前は20万円もしたシンセが、中古で2万円程度で売っていたりする。

長期的に音楽制作を続けることを考えた場合、なるべくパソコンやソフト、デジタル機材には極端に高額な投資をしない方がよい。

楽器やアナログ機材は価値が下がりづらい

対して、生楽器やマイク、マイクプリアンプなどのデジタル要素がない機材は、時が経っても価値が下がりづらい。それどころか楽器やマイクは古いものほどヴィンテージ扱いされて価値が上がるケースもある。

なので、お金をたくさんつぎ込むならこういった機材にするとよい。

なお、テクノロジーの発展によりこれらがデジタル技術で代替される場合もあるため、それによって相対的な価値が下がる可能性はあるので注意。

例:昔何百万円もしたMinimoogも、今は安価なソフトシンセで同じような音が出る。

優先的にお金をかけたい部分

モニター環境(スピーカー、ヘッドホン)

いちばん大事なのが、モニター環境(音を聴く環境)だ。

音楽制作のあらゆる局面で、「良い演奏・歌唱ができているか」「良い音が出ているか」といった判断をする必要がある。

研究・勉強のために既存の曲を聴くような場合、例えば「メインボーカルの後ろで小さく鳴っているハイハットの音」をしっかり聴きとりたいようなときもある。

また、新しくソフトシンセやエフェクトプラグインを買う場合「良い音が出るか」「欲しい効果が得られるか」という判断をしなくてはならない。

これらの作業は、いずれもモニター環境が整っていないと難しい。モニタースピーカーは、最優先で用意すべき機材だと僕は考えている。

どれを選ぶかについては、事前に入念にリサーチをし、楽器屋に足を運び試聴して判断して欲しいが、一つ挙げるとすればYAMAHA MSP5 STUDIOは初めてモニタースピーカーを買う人にも推奨できるモデルだと思う。色付けも少なく正確なモニタリングができるし、価格もお手頃でコストパフォーマンスが高い。プロユースにも耐えうるクオリティだ。

YAMAHA MSP5 STUDIO

GENELECYAMAHA、ADAMあたりのモニタースピーカーはおすすめで、プロの作曲家や編曲家でも使用者が多い。

住宅環境によってはモニタースピーカーを鳴らせない人もいるかもしれないが、そういう場合でも良いヘッドホンを使うことを心がけたい。おすすめは、AKG K702のような、奥行きを感じやすいヘッドホンだ。

AKG K702

イヤーパッドから音が漏れるため、録音時のモニタリングには使えないので注意。録音時のモニター用には、SONY MDR-CD900STを買おう。

マイク

歌やアコースティックギターなどを録音する場合の必須アイテム。生楽器を録音する場合、録音の品質を最も左右するのは、何と言ってもマイクだ。レコーディングではコンデンサーマイクが使われることが多い。

今では低価格帯のコンデンサーマイクでもそこそこ良い音で録れる。しかし、高品質なマイクを選ぶことを考えた場合、20万~という値段がするのは、今も昔も同じ。

時が経っても価値が下がりづらい機材の一つなので、思い切ってお金をかけてもよいと僕は考えている。

 オーディオインターフェイス(ある程度の金額まで)

パソコン内部の音を再生したり、楽器や歌を録音するのに必要なものだ。ミドルレンジまではマイクプリアンプやAD/DAコンバーターと一体型になっているものがほとんど。

いちばん大事なのが「安定して動くかどうか」ということ。ドライバが粗悪な物を避けて、実績のあるメーカーから選ぶようにしよう。

録音の音質や、再生時の音質にも関わってくる部分。録音することが多い人は、多少良いものを手に入れるとよい。

ただし、オーディオインターフェイスは基本的にはデジタル機材。優先度は高いが、必要以上にお金をかけてもリターンは少ない。作曲家ならばRME程度のインターフェイスを持っていれば十分だ。それ以降は単体マイクプリ、単体コンバーターに手を出そう。

一点豪華主義よりもバランス

作曲家の久石譲氏が、著書でこのように語っている。

国際級のすごいソリストを入れても、中に一人ヘタな人間がいると、アンサンブルとしての実力はそのレベルに下がってしまう。

出典:感動をつくれますか? - 久石譲(第二章より)

音楽制作環境も、同じようなことがいえる。

いくら良いギターを使っていても、アンプが低品質だと良い音は出ない。演奏や録音が良くても、ミックスが悪いと音源のクオリティは低くなる。

あらゆる要素の積み重ねで音楽はできている。

制作環境のどこかに安物が混じっているような場合、それが総合的なクオリティを下げる原因になっていないか定期的に考えてみることが必要だと思う。

また、以下のようなケースでは、前者の方が品質が上がったように感じやすい。

  • 1万円のマイク → 10万円のマイクにグレードアップ
  • 10万円のマイク → 20万円のマイクにグレードアップ

現在使用している機材の品質が高ければ高いほど、さらにそこからグレードアップするために必要な金額は大きくなる。一点豪華主義よりもバランス良くお金をかけていくのが効率的だ。

セールを狙う

ソフトウェア、ハードウェア問わず、音楽制作のアイテムはセールを行うことがある。音楽制作のアイテムはどれも高額なので、わずかな割引でも大きな節約になることが多い。

楽器店や代理店のメルマガ、Twitterアカウントなどをチェックして、セール情報が流れてこないかマメにチェックしよう。

サポート不要なソフトは海外サイトで買う(要英語力)

音楽制作のソフトはほとんどが海外製。国内で買う場合、基本的には代理店を通して買うことになる。代理店を通した場合、製品サポートなどが受けられたり、日本語マニュアルがもらえることがあるのがメリット。

反面、代理店を通すと価格は高くなってしまう。多くの場合は、海外のショップで買ったほうが安く済む。ある程度DTMに慣れた人なら、代理店のサポートは不要なので、プラグイン関係は海外のサイトで購入するとよい。

僕は普段、AudioDeluxeという海外のサイトを使っている。店独自の割引が日常的に行われており、何でも安く手に入る。また、購入後にシリアルが送られてくるまでのスピードも速いので、使い勝手が良い。

音楽関係の商品に限ったことではないが、海外のショップで買い物をする場合、支払い方法はPayPalがオススメ。手数料はかかるが、クレジットカード情報をお店に渡すこと無く安全に買い物ができる。

ただ、海外ショップの利用は万人におすすめするできるものではない。万が一トラブルがあったときのために、英文でメールを書ける程度の英語力は持っておくのがマナーだろう。また、日本のショップのように迅速丁寧な対応を求める人は、海外のショップで買い物をするべきではない。

なお、オーディオインターフェイス等のハードウェアは、故障時に修理することも考え、国内で買うことをオススメする。またDAWソフトに関しても、操作習熟の重要度が高い部分なので、いざというときに日本語サポートが受けられるよう、国内で買うのがよいと思う。

必要のないものは買わない

例えば歌とアコギしか録音しないのに8chもある10万円のマイクプリアンプを持っていても、チャンネル数を持て余すだけ。同じ10万円なら2chのマイクプリアンプの方が1chあたりのクオリティは高いはずなので、その人にとっては良い結果を得られるはず(注:価格がクオリティに比例するという前提)。

何か新しいものを買う場合、自分にとって本当に必要か、どのような効果が得られるのか、ということを事前に考える。そうすれば買い物で失敗することは少なくなる。

雑誌やネットの評価を信用しすぎない

雑誌では商品を宣伝することで報酬が発生する。ブログでも紹介した商品が売れれば、アフィリエイト収入を得ることができる。

商品の核を捉えた記事であればそれは参考に値する情報だといえるだろう。しかしながら報酬を得るための手段として、いい加減なレビュー記事を量産している人も世の中には存在する。

自分の頭で考え、耳で判断してから購入を決断するよう日ごろから心がけるべきだと思う。

最後に~音質が良くても、良い音楽とは限らない~

これまで作曲家が制作環境にお金をかける場合の考え方について書いてきた。制作環境のグレードが高くなれば、音源のクオリティは間違いなく上がる。しかし、クオリティの高い音源が必ずしも良い音楽とは限らない。

音楽的な訴求力に乏しいのに、音質だけはやたら良い音源を耳にすることもある。テクニカルな要素にこだわりすぎるあまり、音楽自体の魅力が損なわれてしまわないよう気をつけたい(自戒を込めて)。

広告を非表示にする