クロノ・トリガー「クロノ・トリガー」のコード進行を解析

はじめに

ゲーム音楽では、モード(教会旋法)的な音使いや、部分転調の多用など、ポップスではあまり見受けられないサウンドも多い。

今回は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)の名作RPGクロノ・トリガー」のタイトル曲、「クロノ・トリガー」のコード進行を解析してみる。

普段歌ものの音楽を中心に聞いている人も、こういった作品に触れることで新しい音楽に目覚めるかもしれない。音楽への知見が広がれば幸いだ。

イントロ~Aセクション(Key= G)

耳コピで採譜しています

[Intro]
| Em/A |  | F#m7 |  |
| FM7 |  | Bm/E | Em7 |

[A]
| Am7 |  | F#m7 |  |
| Am7 |  | F#m7 |  |
| FM7 |  | Bm7/E |  |
| CM7 | FM7 | Bm7/E |  |

[A繰り返し]

まず、Key = Gとしているが、実際は正確ではない。一定の調性を保ちながら進んでいく曲ではないため、便宜上Gとしている。

イントロはAセクションとほぼ同じ進行なので解説は省略。まずAセクションを見ていく。

1~2小節目のコードはAm7。主旋律が7th(G音)や9th(B音)、11th(D音)、13th(F#音)を中心に構成されているため、独特の浮遊感が出ている。

3~4小節目はF#m7。Key= Gと考えた場合、ダイアトニックコードで考えるとF#m7-5となりそうなところ。しかしF#m7という、構成音にC#の音が入るコードとなり、不思議な響きになっている。まあポップスでもこういった音使い(※一時的にリディアンやドリアン的な響きになる)のは珍しくはないが、この箇所は主旋律にG#の音(9thのテンション)が入ってくる。これが非常に特徴的!そのためKey = Gという前提は崩れ、一定の調性で進んでいくと考えるのは難しくなる。ここだけ部分転調をしていると解釈したり、モード的な考え方をするしかない。

Am7からF#m7に進む部分は、主旋律のテンション音の通り方と相まって、非常に特徴的な響きになっているといえる。クロノトリガーというゲームの雰囲気を決定づけるような、印象的なサウンドを生み出すことに成功しているのではないだろうか。

5~8小節目は、1~4小節目の繰り返し。

9~10小節目はFM7(VIIbM7)だが、これはポップスでもよく出てくる。サブドミナントの代理コードや、下属調からの借用和音と解釈できるだろう。

11~12小節目は本来トニックのEmとなるところだが、調性をぼかすためにBm7/Eとしている。このコードはポップスやフュージョンでは頻出だ。

13~16小節目は、普通のIVM7から、先程のVIIbM7と進み、トニックのマイナーコードであるBm7/Eで締める形となっている。

以上がAセクションまでの解説となる。ちなみに、このセクションのコード進行は、「みどりの思い出」や、「遥かなる時の彼方へ」の間奏など、同じゲームの他の曲でも使われている。

Bセクション(Key = D)

| GM7(13) | A6(9) | Bm7(9) |  Bm7(9)/A |
| GM7(13) | F#m7 | Bsus4 | B B/A |
| GM7(13) | A6(9) | Bm7(9) |  Bm7(9)/A |
| GM7(13) | F#m7 |

Bセクションでは属調であるkey = Dに転調するので、前のセクションから違和感なくつながっている。ここは「IV → V → VIm」という、ありふれたコード進行といえるだろう。テンション表記に関しては、高音のアルペジオのフレーズをもとに記している。

Aセクションとの対比で、落ち着いて聞かせるような場面となっている。

Cセクション(Key = G)

| CM7 | | D | |
| CM7 | | D | |
| Bm7/E |

ここから元のキーに戻る。コード進行は普通のIV→Vの繰り返し。最後はトニックのマイナーコードで終わるが、やはり調性をぼかすためにBm7/Eとしている。

おわりに

やはりこの曲のキーポイントは、冒頭のAm7→F#m7というコード進行に尽きるだろう。テンションノートも上手く駆使しており、クロノトリガーというゲームの持つシリアスな雰囲気が上手く表現されている。
タイトルトラックにふさわしい良曲といえるのではないだろうか。

クロノ・トリガー オリジナル・サウンド・ヴァージョン

広告を非表示にする