ギルバート・オサリバン「Alone Again」のコード進行を解析

f:id:singingreed:20160909000639j:plain

はじめに

音楽理論に詳しくなってくると、コード進行を工夫して曲を作りたくなってくるものだ。

しかし、複雑なコード進行と楽曲のキャッチーさを両立するのは難しい。コード進行に凝ってみたものの音楽的に不自然になってしまい、結局シンプルな進行に戻す…という経験をしたことがある人もいるはず。

ギルバート・オサリバン(Gilbert O'sullivan)の「Alone Again (Naturally)」は複雑なコード進行にも関わらず、楽曲展開がスムーズで自然。流れるようなメロディと複雑なコード進行が見事に調和した名曲だ。

今回はこの曲のコード進行を解析していく。

イントロ

※基本的には、Key=Gbで進んでいく。

| GbM7 Gb6 | Bbm7 Bbm7(11) | Abm7 Db7-9 | Gb   |

最初の1、2小節目は共に、F~Ebというトップノートのラインを聴かせているが、それに応じてコード表記も変わっている。

3小節目は定番のツーファイブ進行。3~4拍目のドミナント7thコードには♭9thという
テンションが付加されている。♭9thはオルタードテンションの中では最もよく登場するものだ。

Aメロ

| GbM7 Gb6 | Bbm7 Bbm7(11) | Dbm7  | Bbm7-5 Eb7-9 |
| Abm7    | Abm7-5     | Gb Gbaug | Gb6 F7 |

Aメロと言っても、ここが最も印象的なセクションなので、実質サビ(コーラス)という位置づけだろう。

1~2小節目まではイントロでも出てきた普通の進行。

3小節目でいきなりDbm7。ディグリー表記だとVm7になる。これはダイアトニックコードではないが、同主調からの借用和音(準固有和音)で、しばしば登場する。

※過去の記事でも説明しているが、「Key= Gbの曲では、Key= Gbmのダイアトニックコードも使える」ということを覚えておこう。

4小節目からのツーファイブは、Bbm7-5と5度がフラットしている。次のAbm7につながるよう、ここから「Key=Abm」に部分転調していると解釈できる。

6小節目のAbm7-5は、5小節目から少し構成音を変える形で進行してるが、これは前述の借用和音だ。

7小節目からはトニックの和音がクリシェ的な変化をする。5度の音が半音ずつ上がっていくという「上昇クリシェ」で、しばしば登場するパターンだ。

8小節目の3~4拍目はF7という、ダイアトニックコードでも借用和音でもないコードが出てくる。ディクリー表記だとVII7。あまり馴染み深くないかもしれないが、これは次のコードに対するドミナント7thコード。ここと次の小節だけBbmに部分転調していると解釈するのがよいだろう。

Bメロ

| Bbm7 | Bbm7-5/Db Eb7-9 | Abm7 | Abm7-5 |
| GbM7 Gb6 | Bbm7 Eb7(9) | Abm7 Db7-9 | Gb   |

特に明確な区切りがあるわけではないが、便宜上ここからBメロとしている。

2小節目はやはり次のAbm7に向けたツーファイブ進行。

5小節目からの部分はAメロの冒頭でも出てきた進行に近い進行だが、6小節目にEb7(9)というコードが出てくるところが違っている。

歌メロがちょうど9thのテンションになっていて、ここで一気に開放感が演出されている。楽曲のクライマックスといって良いだろう。

7~8小節目は、イントロでも出てきた進行。トニックへ向けたツーファイブで曲を締める。

Cメロ(Key=A)

| A   | E   | G#m7-5 C#7-9 | A   |
| D#m7-5 | DbM7 | Abm7 Abm7/Db |

2番の後の大サビの部分だ。ここからは「Key=A」に転調する。

さんざん同主調からの借用和音を多用してきただけに、ここで同主調(厳密にはその平行調だが)に転調するのは、さながら伏線が回収されたといったところだろうか。

5小節目のD#m7-5はディグリー表記だとIV#m7-5。II7やIVM7、VImなど、色々なコードの代理コードとして解釈されるので「準ダイアトニックコード」といってもいいくらい頻出のコードだ。

6小節目からは転調していく。突然DbM7というコードがでてくるが、その前にD#m7-5が出てきているからか、割と自然につながって聴こえる。

7小節目からは元のキー(Gb)に戻るためのツーファイブ。その後は、AメロとBメロのコード進行そのままの間奏が来て、再びAメロBメロを繰り返して終了する。

ベスト・オブ・ギルバート・オサリバン

広告を非表示にする